上野原ブロードバンドコミュニケーションズ

 

HOME > サポート > ONU・音声告知・設備 > ONU配線図(音声告知+NET)

ONU配線図(音声告知+NET)

Q ONU(光終端機器)から各機器への配線の接続を確認したい

A 以下の接続図、確認ポイントを参考に接続してください

音声告知端末や、ルーターの配線を抜いてしまい正しい配線方法が分からない場合や、配線はされているものの、通信に問題がある場合等、以下を確認してください。

本ページ記載の内容は、戸建住宅、事業所で音声告知端末とルーターを併用している場合の説明です。

音声告知端末のみ(インターネットは未接続)の場合は、下記リンク先のページに記載しています。


ルーターのみ(音声告知端末は未接続)の場合は、下記リンク先のページに記載しています。


※集合住宅にお住まいの方は、ONUの配線を確認頂く必要はございません。

ONU 配線接続図

図をクリックすると拡大されます。

確認ポイント

ONU 確認ポイント

ONU(光終端機器)の下部にある黄緑色のLEDランプが 5つすべて点灯しているか?

LEDランプが5つ点灯していな場合、何らかの異常が考えられます。以下のリンクから詳細な切り分けを行ってください。


ONU異常確認手順

スイッチングハブ 確認ポイント

接続されている LANケーブル は 1.ONU 2.音声告知端末 3. ルーター の3本のみ接続されているか?

上記3つ以外の機器(パソコン・テレビ・ゲーム機等)をスイッチングハブに接続しても、正常に通信を行うことができません。
これの機器を有線接続する場合は、ルーターのLANポートに接続します。

スイッチングハブの電源(Power)LEDは常に点灯しているか?

電源(Power)が消灯することがある場合、スイッチングハブ電源部の故障や、接触不良が考えられます。
電源部の接触を確認しても解消されなければ、スイッチングハブの交換が必要です。

スイッチングハブはUBCからは実費にて販売することも可能です。

スイッチングハブのLANポートに対応したLEDは点灯・もしくは通信内容に応じた点滅 をしているか?

接続したLANポートに対応したLEDが点灯していない場合は、LANケーブルの接続の不良か、接続先機器の電源が落ちている恐れがあります。



ルーター 確認ポイント

上位回線(ONU、もしくはスイッチングハブ)側のLANケーブルが 「WAN」 ポートへ刺されているか?
上位回線(ONU、もしくはスイッチングハブ)側のLANケーブルは「WAN」に刺されていないと正常に通信が行えません。
モード切り替えスイッチ(MODEと記載されたスライドスイッチ)は 「RT」になっているか?

モードが 「RT」以外の「BR」や「CNV」となっていと正常に通信が行えません。スライドスイッチは「RT」にします。
※一部、モード切り替えのスライドスイッチが無い機種もあります。


音声告知端末 確認ポイント

前面操作ボタン下のLEDの 「電源」、「LAN1」(左側2つ)が緑色で点灯しているか?

「電源」のLEDが点灯していない場合、音声告知端末の電源が抜けているか、音声告知端末の故障が考えられます。


「LAN1」が点灯していない場合、背面のLANケーブルの接続口(LAN1)に正しくケーブルが接続されていないか、対向側の機器(スイッチングハブ、もしくはONU)の電源が落ちている恐れがあります。


「LAN2」が点灯している場合、背面のLANケーブルの接続口(LAN2)にケーブルが接続されています。正しい接続口(LAN1)へ接続してください。

音声告知端末操作ボタンの一番右にある、三角の上下ボタンを押して、ボリュームを変更できるか?

ボリュームが小さくなりすぎて聞こえてない場合は、適度な音量にボリュームを調整してください。

 

サポート情報

カテゴリ別 サポート情報


お問合せ

UBC 電話窓口

UBCの全てのサービスに関するお問合せ

フリーコール
0120-62-5503

固定電話
0554-62-5500

電話受付: 9:00~19:00 (年末年始 除く)

UBC WEB窓口

UBCの全てのサービスに関するお問合せ

資料請求・加入申し込みのお問合わせ

WEB受付 24時間受付 (夜間のお問い合わせは翌日回答となります)